家紋の由来

平安時代に公家が衣服や調度、牛車などに好みの文様をもちいたのが、紋章の起源だとされている。それらは菊や桐(きり)、藤(ふじ)、牡丹(ぼたん)、撫子(なでしこ)といった植物の優美な連続文様が多く、装飾的な意味合いが強かった。
武家が台頭してくると、戦いの際の旗指物(はたさしもの)や戦陣の幕などに、一族の団結のしるしとして一定の紋をつけるようになる。それはまた、敵味方を識別するしるしともなった。したがって図柄はおおむね幾何学的でわかりやすいものが多い。
江戸時代になると体制が整備され、武家の服装も制度化された。それにともなって家紋をつける位置なども規定され、大紋(だいもん)や肩衣(かたぎぬ)、小袖などの左右に紋をつけた、いわゆる紋付(もんつき)がもちいられるようになった。現在は着物の紋付き、仏壇、墓石などに彫刻される。一度機会があったら良く確認されると良いでしょう。

種類
家紋はその種類、数ともひじょうに多く、ふつうに使用されているものでも300〜500、さらにその変形などもふくめると数千ともいわれている。その図柄は、幾何学的なものでは菱紋、亀甲(きっこう)紋、鱗紋、巴(ともえ)紋など、動物紋では鷹(たか)の羽紋、鶴(つる)紋、雀(すずめ)紋、雁(かり)紋、蝶(ちょう)紋など、植物紋では桜花紋、藤紋、梅鉢紋、橘(たちばな)紋、桔梗(ききょう)紋などがあり、公家のもちいた有職(ゆうそく)文様の流れをくむものも多い。また武家紋の中には、扇、矢、鍬(くわ)形などを図案化したものもある。そのほか、貝、七宝(しっぽう)、分銅(ふんどう)、糸巻、鼓(つづみ)、独楽(こま)なども紋章にとりいれられている。

ここに代表例100種類を紹介いたします。
もしここに無い場合必要でしたら申し出下さい。メールに添付して送ります。
輪に三いちょう

丸に抱稲

輪に隅立井筒

井桁

丸に一つ石

丸に花菱

丸に四方花菱

丸に剣花菱

丸に剣花角

九曜星

七つ星

三つ星に一つ引

丸に渡辺星

丸に並び瓶子

右一つ巴

右二つ巴

左三巴

丸に違い丁字

丸に一つ茶実

三茶実

丸に上羽蝶

丸に笹りんどう

りんどう車

丸に石川りんどう

丸に三輪違

丸に三柏

丸に抱柏

丸に蔦柏

丸に違柏

丸に片喰

丸に剣片喰

丸に梶葉

三つ梶葉

輪に唐花

瓜に唐花

丸に雁金

丸に二つ雁金

丸に笠

丸に隅立四目

丸に四つ目菱

丸に違い鷹羽

丸に並び鷹羽

丸に橘

久世橘

三つ橘

鶴丸

向鶴

丸に抱角

違い角

丸に蔦

丸に鬼蔦

糸輪陰蔦

丸に三つ鱗

丸に梅花

丸に梅鉢

丸に剣梅鉢

丸に星梅鉢

丸に五本骨扇

三つ扇

丸に檜扇

丸に並び扇

丸に立沢潟

輪に抱沢潟

源氏車

丸に釘〆

糸輪違い釘〆

丸に違矢

丸に並矢

八本矢車

丸に三階松

三つ松

下がり藤

上り藤

三藤巴

軸付下藤

丸に立葵

丸に根笹

九枚笹

丸に雪持根笹

丸に桔梗

丸に五三桐

五三桐

亀甲花菱

三盛亀甲花菱

菊水

丸に抱茗荷

七宝花菱

七つ割二引

九つ割三つ引

丸に抱柊

丸に三階菱

丸に松川菱

丸に木瓜

丸に四方木瓜

庵木瓜

丸に剣木瓜

丸に須浜

二本杉

隅切三引

(株)加藤石材店 東京都町田市忠生3-1-2 tel 042-723-0324 fax 042-7293-6445
[Home]